ワキガを治したい!わきがに効く人気の薬とは?

私たち日本人はもともと体臭が強くないせいもあって、体のニオイには敏感です。ところが自分自身の体のニオイには、なかなか気づかないもの。そのためワキガ体質の方の中には、強いニオイのために周囲に敬遠されながら、本人だけが気づいていない、ということも少なからずあります。
私の友人の話をしましょう。彼女がご自分のニオイに気づいたのは、お友達のひとことがきっかけでした。
「ある日、親友の加奈子に、『ねえ恭子体のニオイ、気づいてる?』と言われたんです。初めは何のことか判らなかったんですが、私の体のニオイのことだと聞いて、樗然としました」
こうしたケースは、実は少なくないようです。治療を希望される方のうちの何割かは、体のニオイを他人から指摘されて、初めて『自分はワキガなのかも』と感じたといいます。恭子さんの場合が、まさにその通りでした。
「彼女が言うにはワキガではないか、とのこと。かなりニオイも強いらしいんです。今まで思いもしなかったことを指摘されて、もう頭の中は混乱していましたね」お兄さんと弟さんの三人兄弟で育った恭子さん。兄弟揃ってスポーツで汗を流すのが大好きで、そのため体のニオイには鈍感になっていたのかもと振り返ります。
「でも、やっぱりワキガのニオイはなんとかしないと。仕事の面でも、明らかにマイナスですから」
恭子さんは、とある地方都市の広告代理店に勤めています。いろいろな業界とつながりを持ち、毎日忙しく飛び回って過ごしてきました。新たな事業部に配属されて、ますます仕事にも熱が入ってきたところです。そんな矢先の「ワキガではないか」の一言は、かなりショッキングな出来事だったようです。
「たくさんの方々と接する仕事ですから。とりたてて着飾る必要はありませんが、やはり清潔感は最低限のマナーですよね。その点は私も気をつけてきたんです」
恭子さんのように「人と接する仕事」では、何よりも身だしなみが大切。人に不快感を与えない、きちんとした身なりは絶対条件です。そのため鵜飼さん自身も服には気を遣い、清潔感のある身だしなみを心がけてきました。
「ですがどんなに身ぎれいにしても、強すぎる体臭はどうにもなりません。自分の力不足で仕事を逃すならともかく、体臭ひとつでお客様に嫌われてしまっては泣くに泣けません。これまでも理由も判らずにキャンセルされた仕事がいくつかありましたが、こうなると『あれは私のニオイのせいだったの?』とも思えてしまいます」
ワキガ・多汗症に悩む方の多くは、こうした疑心暗鬼にとらわれてしまいがちです。特に自分に落ち度があるわけではないのに、周囲から敬遠されてしまう。思い当たる理由もないのに、契約を破棄されたり、担当を外されたりする。こうしたことが続くと、「私のニオイのせい?」と考えてしまうのは人情でしょう。恭子さんご自身も、-時はこうした思いにとらわれていたそうです。
「何かあると、すべて自分のニオイのせいにしていました。さして難しい仕事でもないのに、なぜか話がまとまらない。そんなことがあると決まって『私のニオイのせいだ』と思い込んでしまうんですね」
ワキガを自覚している方は、こうした状態に陥りやすいようです。そのためまったく関係のないトラブルや失敗なども「自分が悪い」と思い込んでしまいます。そうしてどんどん自信を失い、気持ちが萎えてしまいます。
「このままじゃいけない。急いで何とかしなくては。そんな気持ちになっていましたね。ただ、薬で治すといっても、どの薬が良いのかわかりません。そこで雑誌を買い集めて、情報を集めました」

恭子さんは書店に出向き、わきがの薬の情報が掲載されている雑誌や、ワキガ関連の本を何冊か買い込みました。そして週末、じっくりと読みふけり、ネット上でわきがや多汗症効く人気の薬にたどりついたのです。
ワキガは薬で治す!わきがの臭いに効くおすすめ薬ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です