ワキガを治したい!わきがに効く人気の薬とは?

私たち日本人はもともと体臭が強くないせいもあって、体のニオイには敏感です。ところが自分自身の体のニオイには、なかなか気づかないもの。そのためワキガ体質の方の中には、強いニオイのために周囲に敬遠されながら、本人だけが気づいていない、ということも少なからずあります。
私の友人の話をしましょう。彼女がご自分のニオイに気づいたのは、お友達のひとことがきっかけでした。
「ある日、親友の加奈子に、『ねえ恭子体のニオイ、気づいてる?』と言われたんです。初めは何のことか判らなかったんですが、私の体のニオイのことだと聞いて、樗然としました」
こうしたケースは、実は少なくないようです。治療を希望される方のうちの何割かは、体のニオイを他人から指摘されて、初めて『自分はワキガなのかも』と感じたといいます。恭子さんの場合が、まさにその通りでした。
「彼女が言うにはワキガではないか、とのこと。かなりニオイも強いらしいんです。今まで思いもしなかったことを指摘されて、もう頭の中は混乱していましたね」お兄さんと弟さんの三人兄弟で育った恭子さん。兄弟揃ってスポーツで汗を流すのが大好きで、そのため体のニオイには鈍感になっていたのかもと振り返ります。
「でも、やっぱりワキガのニオイはなんとかしないと。仕事の面でも、明らかにマイナスですから」
恭子さんは、とある地方都市の広告代理店に勤めています。いろいろな業界とつながりを持ち、毎日忙しく飛び回って過ごしてきました。新たな事業部に配属されて、ますます仕事にも熱が入ってきたところです。そんな矢先の「ワキガではないか」の一言は、かなりショッキングな出来事だったようです。
「たくさんの方々と接する仕事ですから。とりたてて着飾る必要はありませんが、やはり清潔感は最低限のマナーですよね。その点は私も気をつけてきたんです」
恭子さんのように「人と接する仕事」では、何よりも身だしなみが大切。人に不快感を与えない、きちんとした身なりは絶対条件です。そのため鵜飼さん自身も服には気を遣い、清潔感のある身だしなみを心がけてきました。
「ですがどんなに身ぎれいにしても、強すぎる体臭はどうにもなりません。自分の力不足で仕事を逃すならともかく、体臭ひとつでお客様に嫌われてしまっては泣くに泣けません。これまでも理由も判らずにキャンセルされた仕事がいくつかありましたが、こうなると『あれは私のニオイのせいだったの?』とも思えてしまいます」
ワキガ・多汗症に悩む方の多くは、こうした疑心暗鬼にとらわれてしまいがちです。特に自分に落ち度があるわけではないのに、周囲から敬遠されてしまう。思い当たる理由もないのに、契約を破棄されたり、担当を外されたりする。こうしたことが続くと、「私のニオイのせい?」と考えてしまうのは人情でしょう。恭子さんご自身も、-時はこうした思いにとらわれていたそうです。
「何かあると、すべて自分のニオイのせいにしていました。さして難しい仕事でもないのに、なぜか話がまとまらない。そんなことがあると決まって『私のニオイのせいだ』と思い込んでしまうんですね」
ワキガを自覚している方は、こうした状態に陥りやすいようです。そのためまったく関係のないトラブルや失敗なども「自分が悪い」と思い込んでしまいます。そうしてどんどん自信を失い、気持ちが萎えてしまいます。
「このままじゃいけない。急いで何とかしなくては。そんな気持ちになっていましたね。ただ、薬で治すといっても、どの薬が良いのかわかりません。そこで雑誌を買い集めて、情報を集めました」

恭子さんは書店に出向き、わきがの薬の情報が掲載されている雑誌や、ワキガ関連の本を何冊か買い込みました。そして週末、じっくりと読みふけり、ネット上でわきがや多汗症効く人気の薬にたどりついたのです。
ワキガは薬で治す!わきがの臭いに効くおすすめ薬ランキング

サンダルウッドで心を穏やかに!驚きの4つの効能をご紹介します♪

サンダルウッドは日本では白檀の名で古くから親しまれてきました。最近では、瞑想やリラクゼーションをする際に使用されることも多い代表的なアロマです。心を落ち着かせ穏やかにするその効果は多くの方に知られています。

調和のアロマのサンダルウッドって知っていますか?

「白檀」(ビャクダン)は、日本人にはお寺や仏壇で使われる香りという方がピンと来られる方が多いのではないでしょうか?白檀はビャクダン科の熱帯性常緑樹で、欧米では「サンダルウッド」の名前で有名なインドが原産の植物です。

紀元前5世紀頃にはインドでは高貴な香りとして重用されていたことが分かっていて、香料としては最も古いものの中の部類に入ると言われています。

サンダルウッドの特徴について

それでは心を平穏に、落ち着きと調和をもたらすというこのアロマについてくわしく解説致します。

サンダルウッドの歴史

サンダルウッドほどアジア圏の文化に影響が強い香りはないかもと言えるほど、アジアではメジャーな植物です。インドでは古くから、その木材は家屋用の建材や家具に使われ、香りはヒンドゥの寺院などで頻繁に焚かれていました。

宗教的な儀式の際に使われることも多く、「死者を来世に運ぶ」という言い伝えもあり重要視されてきました。近年においても薬草として良く使われているそうです。

日本でのサンダルウッド

サンダルウッドは、日本では「白檀(ビャクダン)」の名前の方で良く知られ、お香を扱う業界では無くてはならない存在と言えます。サンダルウッドは原産地であるインドでは、すでに枯渇危惧植物として入手が難しくなっています。最近ではオーストラリア産の物が多いようです。

また香水を扱う業界でも、サンダルウッドのオイルは長く香りが残ることや、催淫作用で魅力を演出する目的での使用率も高い人気のある精油になっています。

サンダルウッドの4つの効能とは?

サンダルウッドには強力な殺菌消毒の作用があり、それも大きな特徴といえます。それ以外にも有効な効果がいくつかあるようです。

女性の悩みに

サンダルウッドにはやリンパや静脈のうっ血の改善や、血液の循環を促進させる作用があるとされています。アロママッサージなどでサンダルウッドの精油をしみこませることで、セルライトやむくみを予防する効果もあるとされています。

またサンダルウッドには女性ホルモンに似た作用もあり、女性特有の症状である生理痛や、月経不順などの改善にも効果があると言われています。

心への作用

サンダルウッドの香り自体に強力な鎮静作用があり心を落ち着かせてくれます。プレゼンやスピーチ前などの緊張を要する場面で使用すると、脳の働きを鎮め強い不安や興奮を抑えてくれる効果を発揮してくれます。

体への効能

身体面の作用では、サンダルウッドには血液を浄化したり、リンパのつまりを改善する作用などが特徴的で、喉の炎症や傷みにも効果があり、また膀胱炎などや泌尿器や生殖器系の感染症にも効果があると言われています。

皮膚への効能

サンダルウッドには皮脂の分泌を調整する作用があります。保湿効果も高く、ラベンダーのように肌水分の潤いを保ち、肌の柔らかさを保つ作用があり、肌トラブルには特に向いたアロマです。このことからアンチエイジングのためにも効果的と言えそうです。

サンダルウッドと相性のいいアロマとは?

サンダルウッドはフローラル系やエンタル系のアロマと相性がいいと推奨されますが、基本的にはどれにも合わせやすいタイプと言います。精油自体の香りを保つ目的で良くブレンドに用いられるアロマです。

精油オリジナルブレンド

・初期の風邪や感染症の予防をするなら、ラベンダーやレモングラス
・心を落ち着かせたい時には、フランキンセンスやベルガモット、
・セルライトやむくみ対策には、ゼラニウムやパチュリ
・アンチエイジングを期待するなら、イランイランなど

代表的にはこのような組み合わせが相性が良いとされています。用途に合わせて組み合わせは工夫しましょう。

サンダルウッドの注意点

サンダルウッドは「体を温め冷えを改善する」など誤った説明をされることがありますが、アーユルヴェーダからみた性質ではサンダルウッドはむしろ冷却で冷やす性質があるため、使いすぎると体の冷えを招くことになるになるので充分に注意が必要です。

またサンダルウッドは高まった感情や心を沈静する作用が強いので、うつ症状がある方はさらに症状が増し気持ちが沈んでしまうともいわれていて、使用は控えることをおすすめいたします。また妊娠初期の方も避けるようにした方が良いと言われています。

その他のサンダルウッド製品とは?

ここからはアロマオイル以外でも日常で使いやすいサンダルウッドのの製品をご紹介いたします。

サンダルウッドの石鹸

サンダルウッドのオイルは保湿効果が高く乾燥肌にならないように、お肌を守ります。こちらの製品で使用されるサンダルウッドのオイルは、100年以上インドで使われている100%の精油が配合された高純度な石鹸です。

サンダルウッドにはバランス調整の効果があり、乾燥肌の方だけでなく様々な肌質の方にも対応できます。 こちらのメーカーは白檀へのこだわりがあり、リラクックス効果も強く香りも高い仕上がりが特徴的です。

サンダルウッドのお香

すべて天然原料で化学成分は不使用で手作りで作られているアロマスティックです。なので体にも優しくケミカルな臭さが苦手な方でも安心してお使いいただける製品です。また本製品には芯が無いので本来のお香のピュアな香りを楽しめます。

ヒマラヤに生息するハーブやスパイスから古来からの製法で作り上げた自然なケミカル臭のない香りが自慢です。ナチュラルで芳香な香りに仕上がっています。

サンダルウッドで美しく軽やかに

サンダルウッドは心や身体にとっても良い効能が多く、アロマオイルだけでなく石鹸やお香など日常でも利用できるアイテムも豊富で自然と使いやすい環境が整っています。ストレスの改善や肌の保湿や老化防止にもなるので、是非一度お試しくださいね!

ブドワールは香水だけじゃない!4つのブドワールをチェック!

ブドワールには、様々なものがあることをご存じでしょうか。そもそも、ブドワールとはどういう意味なのでしょう。ブドワールと名のつくものを調べると、普段の生活とはちょっぴり外れた贅沢で甘美で色香のある世界が見えてきました。

ブドワールは香水だけじゃない!

「ブドワール」をご存じですか?オシャレに敏感な方であれば、香水の名前とすぐにピンと来るかもしれません。しかし、他にも、実はさまざまな「ブドワール」があるのです。

ブドワール風ってどんなもの?

まず、ブドワールと名のつくものからチェックしていきましょう。ホテルのサイトやファッション情報誌などで、「ブドワール風」という言葉を見かけたことはありませんか?ブドワールと名のつくものにどんなものがあるのかを踏まえて、ブドワール風がどのようなものかを探っていきます。

華やかさのある贅沢な空間/ブドワール風室内装飾

室内装飾のブドワール風とは、高級ホテルのベッドルームや内装など、主にプライべート空間に使われる装飾です。室内装飾において、ブドワール風とは必ずしもひとつの解釈ではないようです。

「女性が好むような甘美で華やかな装飾」という意味もあれば、単に「贅沢な装飾」という意味の場合もあります。ほかにも、「私室のような」「小部屋のような」という意味合いで使用されているときもあるので、ホテルに宿泊する際や、住宅の内装を注文をする場合は、画像や口頭での確認が必要です。

下着や裸のセクシー写真/ブドワール写真

ブドワール写真とは、被写体の甘美でセクシーな様子を捉えた写真のことです。官能的な雰囲気を収めるとあって、被写体は下着のみ、または裸に近い状態で撮影されます。海外の女性を中心に広まり、主に女性が被写体となることが多いのですが、近年、男性のブドワール写真が日本のメディアに取り上げられたことでも話題となりました。

ブドワール写真家などプロの写真家が撮影するとあって、自分の知らない自分の性的な魅力を知りたい方や、恋人などパートナーに送るために撮影してもらいたい方など、さまざまな理由で撮影を希望しているようです。ブドワール写真からわかる「ブドワール風」とは、「直接的な色香のあること」のようです。

官能的で女性らしいファッション/ブドワールファッション

ブドワールファッションとは、鍵編みなどを施された中が透けて見えるレースや、透け感があったり、露出が多く、女性の色気を感じさせるようなファッションのことです。主に、下着やネグリジェなど、色っぽさと関連の深いファッションアイテムに取り入れられているようです。

世界でも有名なファッションブランドのデザイナーたちも、ブドワールファッションに注目しはじめています。数年後、日本でもブドワールファッションが流行するかもしれませんね。ブドワールファッションからわかる「ブドワール風」とは、やはり「どきりとさせられる色香のあること」ではないでしょうか。

濃厚な甘辛い香り/Vivianwestwood ブドワール

ブドワールといえば、真っ先に出てくるのがVivianwestwoodの香水・ブドワールではないでしょうか。濃厚でこっくりとした甘さに、強い意志をイメージさせるスパイシーさをプラスした香りで、若い女性を中心に評価の高い商品です。また、商品のヴィヴィアンを象徴するボトルデザインにも注目してみてください。

オーブが栓になっているデザインは、手もとにひとつあるだけで特別感があり、気分があがりますよ。ヴィヴィアンウェストウッドのブドワールは、甘さとスパイシーさがそれぞれ、女性の甘美で華やかな部分と、気分屋で扱いづらい部分を表しているのではないでしょうか。つまり、ブドワール風とは、うつくしいけれど、ちょっと癖のある、といった意味があるのかもしれません。

ブドワールってどんな意味なの?

ブドワールと名のつくものをチェックしてきましたが、そもそも、ブドワールとは、本来どのような意味を持っているのでしょうか。

「すねるための部屋」が語源

ブドワールとは、フランス語の「すねるための部屋」が語源となっています。婦人が自由に、好きに、したいようにふるまうための、完全に外から見られない秘密の小部屋といった意味を持っています。イメージとしては、現代でいうところの半個室のオシャレなパウダールームでしょうか。

こちらはまったく人目を気にせずというわけにはいきませんが、外の世界からすこし隔離され、人目を気にせずホッとひとりを満喫できる女性のための空間、という意味では近しいものがあるのではないでしょうか。いつの時代も、女性は気苦労が絶えなかったのだと伺い知れます。

気ままでコケティッシュなブドワールを楽しんで

「ブドワール」がどのようなものか、お分かりいただけたでしょうか。ぼんやりとイメージが掴めたら、好きかそうでないか、好みが出てくるかと思います。

コケティッシュで、それでいて一筋縄ではいかないような気分屋の一面があるブドワールは、まさに女性の魅力をあますところなく表現したものではないでしょうか。女性でも、男性でも、上手にブドワールを取り入れて、日常にちょっぴり刺激を与えてみてはいかがでしょうか。